北北東の風 Blog

You are browsing

気象解析

2015/03/14 RJOA(広島空港)の着陸失敗

2014年4月15日午後8時ごろに広島空港に着陸しようとした航空機が着陸に失敗し、けが人を出す事故が起きました。事故の詳しい原因などは、航空事故調査委員会が調査し、発表すると思うのでそれを待ちます。 14日は上空に強い寒気(寒冷渦)が西日本を通過中だったこともあり、気象状況をまとめて見ようと思います。 新聞社の報道によれば、「広島地方気象台によると、事故があった午後8時ごろは雨がふり、広島空港周辺で霧がかかっていた可能性が高いという。」(朝日新聞http://www.asahi.com/articles/ASH4G7HWQH4GPTIL04P.html 4/15閲覧)とのことです。ここで、空港での観測の結果である、METAR報で確認してみます。 総観スケール 速報天気図 4/14 21:00 500hPa天気図(AUPQ35より) 4/14 21:00 九州に上空の寒冷渦に対応する低気圧があって、東進している状況です。この時期上空5500m(500hPa)の西日本はおよそ−10度程度ですが、この日は中心付近が−24度以下という寒気が東進しています。これは、寒冷渦と呼ばれるもので、渦の中心から見た時に、… Read more