北北東の風 Blog

You are browsing

独自予報

独自予報への道 その1

独自予報を作るまでの道のり 毎日、気象庁を始め、民間気象会社各社が予報を出している中で、独自の予報を出すことに意味はあまり無いですが。。。それでも、自分で、自分の予報を作り、予報士としてのアイデンティティを確保しようという試み。 しかも、予報業務許可を取らなけれな、やる意味は、殆ど無い。とってもいいけど。そんな中で、予報はどうできているのかを、気象庁の資料によらず組み立ててみたいと思います。 なぜやるのか 今の気象予報士に求められている能力、すなわち、予報士試験の内容ですが、それは、気象に対する物理学的な理解は当たりまえですが、試験内容の大半は、気象庁の予報の仕組みの理解と、気象庁が出す資料の読解力を問う物になっています。 つまり、気象庁ありきなのです(まぁ、当たり前ですけどね)。しかし、世の中には、気象機関と言われるものはおおくあり、その中でも、先進各国の現業機関は独自に資料を作り、独自に予報を出しているわけです。(独自に数値予報モデルを作っている機関としては、NCEP、JMA、ECMWFなどがある) 自分が出したい予報に適合したモデルを作り、予報を組み立てるというのは、一流気象機関として当たり前なのです。そこに挑戦したいという思いからです。 じぶんが、知る限り、1からモデルを構築している民間気象会社は1社ほど存在しています。たいてい、独自モデルと言いながら核となる部分は、… Read more